今年も豊作

今年の夏もたくさん咲いたオオウバユリが、いい感じに枯れてきました。
a0099147_16545462.jpg
白くて大きな花も良いけれど、ピスタは枯れてもお花のような今の方が好き。
a0099147_16550507.jpg
いっぱい詰まった種が飛んでなくなったら、切ってリースの材料にします。種が土にかえって花が咲くのは8年後。さて、どんな庭になっているだろう?






[PR]
# by pistapista | 2018-10-19 17:05 | 庭の話 | Comments(0)

朝露輝く

数年ぶりに一眼カメラを持って出かけた。その日は今季一番の冷え込みで気温は5度。畑の脇の草さえきれいに見える。
a0099147_15421588.jpg
a0099147_15415559.jpg
人参も、寒さに耐えて甘く美味しくなるに違いない。






[PR]
# by pistapista | 2018-10-05 15:50 | 風景 | Comments(0)

こぼれ種

種はまいていないのに、1本だけひまわりが咲いた。冬の間、小鳥たちのエサとしてバードフィーダーに入れている種がこぼれたのだろう。
a0099147_13264790.jpg
庭にくる小鳥たちを見ていると、どうやら渡りも始まったらしい。今年の冬はこの種もエサにしよう。







[PR]
# by pistapista | 2018-08-11 13:36 | 庭の話 | Comments(0)

今年も来た

毎年同じような場所で見つけるセミ。今年もいた。
a0099147_13384757.jpg
先週、ようやく雨から解放されたかと思ったのに、昨日からしっかりした霧雨が続いています。早くセミの鳴き声が聞きたい!






[PR]
# by pistapista | 2018-07-29 13:40 | 庭の話 | Comments(0)

ウドンゲ

今朝、ピスタ夫が「ウドンゲや!」と言うので何のことかわからず、「うどん毛」って何?と思ったら、かげろうの卵「優ク曇華」とのことでした。窓の外枠に二つ。頼りない感じなのに落ちそうにもない不思議な卵。


a0099147_08544890.jpg
インターネットで調べてみると、サンスクリット語の「Udumbara」に由来する言葉で、インドの想像上の植物で三千年に一度咲く時に、伝説上の理想の王である転輪聖王が出現すると言われているそうです。吉兆とも凶兆とも言われるらしいですが、害虫ではなく、一週間くらいで孵化するらしいので、このままにしておこうと思います。






[PR]
# by pistapista | 2018-07-21 09:19 | 庭の話 | Comments(0)